FEATURE Tシャツのストーリー

FEATURE Tシャツのストーリー

TSUNAGU-T in San Diego issue 02

「Tシャツがコミュニティをつくる」鈴木心

SHIN SUZUKI "T-shirts make a community"

アメリカ西海岸、南カリフォルニアのサンディエゴ。年間を通して気候のよいことから、この街の住人の多くはTシャツとショーツで暮らす。どんなTシャツを着るかがファッションであり、自分らしさを表現するツールだとさえ、話す人もいるほどだ。ここ数年、地産地消をうたうレストラン、サードウェーブコーヒーやガレージブランドらが集う複合型のライフスタイルショップなども増え、ローカルなつながりで、いいもの、楽しいことを共有するスモールコミュニティの形成が行われているこの街を、Tシャツというキーワードで紐解いていく。

案内役は、広告や雑誌などで活躍する写真家の鈴木心。ライフワークのひとつとして地元の福島を盛り上げ、いかにして豊かなコミュニティを築けるか模索する鈴木が、「福島はサンディエゴたりうるか」という視点でローカルで人気のショップやカフェなどを取材した。

“自分が好きなことをやっているんだけど何か?”
そんなスタンスが他者にとって新しい提案になっている

サンディエゴで会った人々、店や街の雰囲気にどんな感想を持ったか尋ねると、鈴木心は「うーん」と考えた末に、「自由」と答えた。

「何をしてもいいっていう意味での自由じゃなくて、自分はこう思うって主張してもいい自由な場所だと感じました。“自分が好きなことをやっているんだけど何か問題ある?”っていうスタンスで、そのやっていることが他者にとって新しい提案になっている。“向こうがこうだから、自分はこうする”っていう相対的な姿勢ではなく、“自分が好きだからこうする”っていうことが連立していって、価値観や場のコミュニケーションが密になって広がっている様子が印象的でした」

ドーナッツショップやレコード店、本屋、コーヒーショップ、ピストバイクメーカーなど、サンディエゴでいくつもの場所を訪れ、多くの人から話を聞いた。サンディエゴの魅力が何なのかを尋ねると、共通する単語がいくつかある。

年間を通じて暖かく穏やかな気候
リラックスした空気と時間
ビーチカルチャー

オリジナルTシャツをプロデュースするショップも多く、それぞれに意図や思いがあることがインタビューからわかった(本記事の#2を参照)。鈴木は地元・福島に新しくどのようにコミュニティを形成できるか、という考えで、定期的に撮影会やワークショップの開催などを精力的に行っている。サンディエゴの街の様子から学べることが多かったという。

「福島がサンディエゴたるかっていうところで、いきなり福島がサンディエゴになるのは無理ですけど、でも、近しいところはあるんですよね。人の目を気にしているっていうところは大きく違いますけど、いいスピードで生活していると思うんですよ。ただ、ある程度割り切って常識的な価値観に従わないと生きづらい場所ではあります。あとは、ビジネスの土壌があって、思い切りのよさがあれば、福島でもサンディエゴみたいな表現はできるんじゃないかな。もうちょい、という気がします」

写真を撮る時って、
当たり前だけどすげー見るんですよ。

サンディエゴにおいて、誰もがTシャツで過ごすライフスタイルは、気候、土地、文化に根付いていた。四季があって、山の文化も海の文化もある福島で、土地の文化とTシャツの相性を精査して見定めていけば、地域をつなぐ役割をTシャツに担わせることができる。鈴木は今回の撮影を通じて、その手ごたえを感じたようだ。その裏付けとなっているのは、あくまでも写真家としての視点だ。

「写真を撮る時って、当たり前だけどすげー見るんですよ。なんでも撮っていい状況だとしたら、その土地や店などのどこを抽出するか、っていうことを撮る時点で選ぶんです。“ここだな”っていう要素をいくつか見つけて、すごく精査して、それを合体させて店や街の様子を伝えようとします。だから僕の写真を見れば、自分がいいと思ったサンディエゴっていうのは絶対に伝わると思いますね」


プロフィール/
鈴木心
写真家。1980年、福島生まれ。2005年に東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業。アマナに勤務したのち、2008年に独立。広告や雑誌の写真制作、CMやPVなどの映像制作と並行して、自身の作品制作やワークショップ、出張写真館なども行っている。写真集『写真』『高良健吾 海』。2004年のエプソンカラーイメージングコンテスト藤原新也賞、2005年 第24回ひとつぼ展グランプリなど、受賞歴多数。
http://suzukishin.tumblr.com/

(動画 上山亮二 / 写真 鈴木心 / 文 中島良平)

LATEST ENTRIES

Townguide connected by T-shirt
Tシャツでつないだタウンガイド
SHIN SUZUKI "T-shirts make a community"
「Tシャツがコミュニティをつくる」鈴木心
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
HanesのヴィンテージTシャツを求めて
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
LAのヴィンテージショップ店主が語るプリントTの変遷
Walking in the Extreme Landscape of Big Sur
アメリカ最西端の絶景を求めて
Magnificent Scenery Inspires Creators
表現者たちを魅了した壮大な自然
2016 SHIZUNAMI GIRLS CONTEST
Tシャツとサーフガールとコミュニティ
How did you select your T-shirt today?
今日のTシャツはどうやって選んだ?
How did you select your T-shirt today?
サンフランシスコ・ベイエリアの魅力
Dune, A Falafel Restaurant
L.A.のアットウォーター・ヴィレッジの人気店Dune
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.の人気ファラフェル店Duneの1日
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.のファラフェル店Duneの1日ドキュメント
Remake White T-Shirts
Tシャツをタンクトップにリメイクしよう
Q&A about White T #01
白Tシャツについたら嫌なシミは?
Remake White T-Shirts
Tシャツのネックを切ってリメイクしよう
Q&A about White T #02
白Tシャツの着こなし、クルーネック or Vネック?

母の日にオリジナルTシャツをプレゼントしよう
Remake White T-Shirts
Tシャツを二つ編みでリデザインしよう

LAを拠点とする黒人俳優たちの小劇団 ロビー・シアター・カンパニー

アフリカ系アメリカ人の歴史を舞台で表現する ロビー・シアター・カンパニー
Q&A about White T #03
白Tシャツの着こなし、着古した白Tシャツはどうしてる?
Remake White T-Shirts
Tシャツの袖を切るだけで雰囲気が変わる
Ben Guillory speaks about Robey Theatre Company
L.A.の役者たちが演劇を続ける理由 ロビー・シアター・カンパニー
Remake White T-Shirts
Tシャツの裾を切ってレイヤードを楽しもう
Q&A about White T #04
白Tシャツが似合うカップはどっち?
Remake White T-Shirts
フリンジTシャツで、夏を満喫しよう
FES T-SHIRT
フェスシーズン到来!フェスで自由に着るTシャツルック
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
カリフォルニアの“サンデー・レース”カルチャー
Q&A about White T #05
白Tシャツとの理想的なスタイリングは?
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
ルート66に集結したバイクレーサーたち
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
土ぼこりの中を疾走したヴィンテージバイク
Cutters Studios Los Angeles
サンタモニカのクリエイターたちのワークスタイル
Q&A about White T #06
白Tシャツの着こなし、Tシャツのタックインは?
Cutters Studios Los Angeles
オリジナルTシャツで働くクリエイターたち
Q&A about White T #07
白Tシャツが似合うのは、どっち?
Q&A about White T #08
白Tが似合うのはスケーター? サーファー?
MUSICMAN’S T-SHIRTS TRACK: “テキトーな日本文化の解釈がツボ”
ミュージシャンとTシャツ SANABAGUN.