FEATURE Tシャツのストーリー

FEATURE Tシャツのストーリー

Work Style in Los Angeles issue 01

サンタモニカのクリエイターたちのワークスタイル

Cutters Studios Los Angeles

映像のポストプロダクションに特化した気鋭の映像制作スタジオ、Cutters。全米に4ヶ所、日本でも東京に1ヶ所のオフィスを構えるCutters のロサンゼルス・オフィスをサンタモニカに訪ねた。エグゼクティブ・プロデューサーのメーガン・ダールマン(下写真)が、業務内容を次のように説明する。

「TVCMなどの映像素材をエージェントやディレクターから受け取り、編集作業を行うのが私たちの仕事。ストーリーを的確に伝えようと考えると、編集によって映像は見え方が大きく変わってくるし、色合いなどのフィニッシングもとても大事な作業なの。うちに所属するエディターたちが、エージェントとのコラボレーションによって最高の作品に仕上げ、最終的にクライアントの満足を目指して日々作業を行なっているわ」

かつては、こうした映像制作や広告制作のオフィスはハリウッドに集中していた。1990年代の半ばから多くの企業がサンタモニカに移転してきて、現在は多くの広告がこの地で生み出されているという。

「みんながビーチの近くで、リラックスしたムードの中で制作したいと思ったのかしら? それは冗談だけど、気がついたら広告制作の街になっていた、って言えるぐらいにサンタモニカにはプロダクションやエージェントが集まっている。クリエイションに向いている環境なのかもしれないわね」

エディターの一人であるアダム・パーカー(下写真)は、ロサンゼルスのワーキングスタイルについてこう語る。

「他の多くの都市と比べて、LAはカジュアルな環境と言えるだろう。Cutters Los Angelesの朝は比較的ゆっくりしていて、まあ終わりの時間も結構遅い。言い換えれば、自分たちのペースで仕事をしやすいオフィス環境だ。それと、LAは全体的にカジュアルな街だから、今日もそうだけど、大体はどんな場所でもTシャツを着て行ける。そういうレイドバックした環境は、LAの特徴の一つだ」

とは言うものの、作業は緻密だ。この日、アダムは節水のPR映像を編集していたが、音楽の合わせ方やスローモーションの取り入れ方、カットを変えるスピードやタイミングをどう変えるかによって、映像の印象がまったく変わってくることを示してくれた。

「映像の素材を受け取ると、そのストーリーの伝え方として編集方法は無数にあることがわかる。例えば、会話の“間”の取り方によって、同じ内容でもコミカルに見えることもあればシリアスに見えることもある。そして、音楽も含めて編集を完了させると、次は仕上げとして、フィニッシャーに作業を受け渡すんだ」

そうして紹介してくれたのが、隣の部屋で作業をするブレイク・ヒューバー(上写真)だ。

「画面に映り込んでいる不必要な要素を取り除くようなレタッチの作業をしたり、タイトル周りのグラフィックを仕上げたり、色の調整作業を行ったり、CGや合成処理で映像を加工するVFXを行うのが僕の仕事だ。アダムなどエディターが編集してくれた映像をできるだけ美しい映像に仕上げることで、クライアントにとってもエディターにとってもハッピーな仕上がりになる。そこにやりがいを感じるね」

ブレイクが着ているのは、Cutters Studiosの一部門で、デザインやVFXを担当するFlavorのTシャツ。「デザインを気に入っているし、カラフルなバリエーションで自分たちがどういう会社なのかをTシャツに表現しているのは、いいブランディングだと思うよ」と、笑顔を見せる。

「僕はこれまでのキャリアの大半をニューヨークで過ごしてきたから、LAに来て色々と違いを感じている。メンタリティとして、NYの方がアグレッシブで、LAの方がリラックスしている。もちろん、どっちの都市の方がよく働くとか、その量や質での優劣はないと思うけど、この太陽のおかげなのか、LAの方がハッピーでちょうどいいペースで物事が進んでいるように思う。年間を通してTシャツで働けるのも、NYでは考えられないね」



ランチタイムには、社員たちみんなでオーダーしたデリカテッセンからヘルシーなメニューが届き、午後のティータイムには手作りのスイーツが用意される。間違いなく仕事量が多く、忙しいオフィスなはずだが、そのワークスタイルからはどこか余裕が感じられる。

次回は、Cuttersでの仕事の様子を収めたショートドキュメンタリーを公開する。

http://www.cuttersstudios.com/

(写真・文 中島良平)

LATEST ENTRIES

Townguide connected by T-shirt
Tシャツでつないだタウンガイド
SHIN SUZUKI "T-shirts make a community"
「Tシャツがコミュニティをつくる」鈴木心
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
HanesのヴィンテージTシャツを求めて
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
LAのヴィンテージショップ店主が語るプリントTの変遷
Walking in the Extreme Landscape of Big Sur
アメリカ最西端の絶景を求めて
Magnificent Scenery Inspires Creators
表現者たちを魅了した壮大な自然
2016 SHIZUNAMI GIRLS CONTEST
Tシャツとサーフガールとコミュニティ
How did you select your T-shirt today?
今日のTシャツはどうやって選んだ?
How did you select your T-shirt today?
サンフランシスコ・ベイエリアの魅力
Dune, A Falafel Restaurant
L.A.のアットウォーター・ヴィレッジの人気店Dune
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.の人気ファラフェル店Duneの1日
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.のファラフェル店Duneの1日ドキュメント
Remake White T-Shirts
Tシャツをタンクトップにリメイクしよう
Q&A about White T #01
白Tシャツについたら嫌なシミは?
Remake White T-Shirts
Tシャツのネックを切ってリメイクしよう
Q&A about White T #02
白Tシャツの着こなし、クルーネック or Vネック?

母の日にオリジナルTシャツをプレゼントしよう
Remake White T-Shirts
Tシャツを二つ編みでリデザインしよう

LAを拠点とする黒人俳優たちの小劇団 ロビー・シアター・カンパニー

アフリカ系アメリカ人の歴史を舞台で表現する ロビー・シアター・カンパニー
Q&A about White T #03
白Tシャツの着こなし、着古した白Tシャツはどうしてる?
Remake White T-Shirts
Tシャツの袖を切るだけで雰囲気が変わる
Ben Guillory speaks about Robey Theatre Company
L.A.の役者たちが演劇を続ける理由 ロビー・シアター・カンパニー
Remake White T-Shirts
Tシャツの裾を切ってレイヤードを楽しもう
Q&A about White T #04
白Tシャツが似合うカップはどっち?
Remake White T-Shirts
フリンジTシャツで、夏を満喫しよう
FES T-SHIRT
フェスシーズン到来!フェスで自由に着るTシャツルック
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
カリフォルニアの“サンデー・レース”カルチャー
Q&A about White T #05
白Tシャツとの理想的なスタイリングは?
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
ルート66に集結したバイクレーサーたち
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
土ぼこりの中を疾走したヴィンテージバイク
Cutters Studios Los Angeles
サンタモニカのクリエイターたちのワークスタイル
Q&A about White T #06
白Tシャツの着こなし、Tシャツのタックインは?
Cutters Studios Los Angeles
オリジナルTシャツで働くクリエイターたち
Q&A about White T #07
白Tシャツが似合うのは、どっち?
Q&A about White T #08
白Tが似合うのはスケーター? サーファー?
MUSICMAN’S T-SHIRTS TRACK: “テキトーな日本文化の解釈がツボ”
ミュージシャンとTシャツ SANABAGUN.