FEATURE Tシャツのストーリー

FEATURE Tシャツのストーリー

SURF GIRLS SNAP at SHIZUNAMI BEACH 静波ガールズコンテスト2016 レポート

Tシャツとサーフガールとコミュニティ

2016 SHIZUNAMI GIRLS CONTEST

東京から車で約4時間。我々取材部隊が午前4時に東京を出発し、土砂降りの高速を走り抜けながら天気の心配をしていたのも束の間、到着した頃にはうっすら太陽の光が差し込むくらいの曇り空になっていた。海岸の入り口には、環境と観光のシンボルとして「クリーン宣言」という本を抱えた自由の女神像があり、ガールズサーフコンテストの守り神のようにも見えた。

静岡県牧之原市にある静波海岸は、名前の通り波が静かで遠浅なため、シーズンには県内外から多くの海水浴客がビーチを賑わせる。点在するサーフスポットも有名で、一年を通してサーファーが絶えない場所。

今年で4回目を迎える静波ガールズコンテストは、ビーチと人規模感がちょうど良く、とてもアットホームなムード。フードコートには、丸焼きのチキンやオーガニックのピクルスに米粉のクレープ、生のミントがたっぷり入ったハーブのドリンクやココナッツの効いたタイラーメンなど女性の胃袋を刺激する美味しいそうな屋台が並んでいる。コンテストの主催者の方々にお話を伺った。


委員長は、ショートボードの元プロサーファー栗田早苗さん、副委員長に元プロボディボーダーの増田マナミさんとスタイリストの野崎美穂さん。

「コンテストを始めたきっかけは、女の子でサーフィンをやっている子は多いけど、結婚や出産などライフステージが変わるとやめてしまうことが多いけど、また海に戻ってきてほしいという思いがありますね」(栗田さん)

海、女の子、サーフィンのイメージと関連しているファッションブランドや、地元のお店からのスポンサーも多く、年々エントリーをする女の子達やスポンサーも増え、静波海岸のPRにもなっている。




「ここは立地も良くて駐車場もトイレの水も無料という魅力的な場所なんです。地元の子たちもこの大会を目指してサーフスクールに通ったり、ひとつのモチベーションになってきているのが嬉しいですね」(野崎さん)

「家族や友達など応援者もたくさん来ているので、まるでプロの大会のようなんですけど、勝ち負けにこだわるわけでもなく、負けても何故かみんな閉会式までいるんですよ」(増田さん)

「海って不思議なんですよね。名前も年齢も職業も関係ない。波と人の出会いと縁、自然に繋がるコミュニケーションの場を提供できればいいなと思います」

(栗田さん)

大会当日、風はほとんど吹いていない穏やかな波、気温は24度。セットは膝から腿のあたりまで。会場本部の横ではDJセットも組まれ、ビーチには重低音の響くサウンドシステムが軽快なレゲエやサーフミュージックを心地よく流してくれる。

8時からと正午には、伝道師の綾井優子さんによるビーチヨガが行われる。ジェリー・ロペスも取り入れていたくらい、サーフィンとヨガの親和性は高い。「呼吸のリズムは、波の音のリズム。サーフィンの前にヨガをしてコンディションを整えるのはとても良いんですよ」。


サーフガールと白いTシャツ

綾井優子さん、ヨガ伝道師

「広い海と広い青空で波と風を感じられるのが気持ちいですね。海や白いものは自分をリセットできて、透明の心になること、波の波動を感じよりシンプルに、よりナチュラルになれるのが魅力です」


ドキドキクラスの3位に選ばれた小学生1年生の池田マオさんは、5歳からサーフィンを始めて将来の夢は天気予報士になりたいのだそう。オフィシャルTシャツのサーフボードのイラストがお気に入り。

「海は気持ち良くて、ボトムターンが得意です。好きな食べ物は、スイカと焼肉」



コンテストの前日から緊張していたという会社員の植松真弓さん。サーフィンを始めて5年目。

「陸でも海でも白いTシャツは必需品ですね。今日はまずまずでしたが、海はとにかく気持ちが良いです」


ドキドキクラスの1位の池田未来さんは、小学生3年生でマオさんのお姉さん。姉妹でサーフスクールに通っているそうで、サーフィン歴は3年目。

「授業で好きな科目は体育。Tシャツは生き物のイラストとか少し変わったやつが好き。将来はプロサーファーになりたい」。


中学3年生と小学校5年生のお子さんがいるという藤山優子さん。ランニングやマッサージで身体を整えているのだそうで、サーフィン歴は約20年。

「静波の魅力はゆるいムードがいいですね。白いTシャツは爽やかな印象で、日焼けした肌に合うので必需品です」。



初めてコンテストに出場したサーフィン歴7年目の林沙織さん。

「サーフィンはなかなか上達しなくて、いつも悔しい気持ちになるけど、静波コンテストは物販も充実しているので負けても楽しい」。



波が良い時は休みの日はもちろん、仕事の前でも海に入りに来るという、サーフィン歴7年目の嶺田麻由佳さん。

「海に癒されます。白いTシャツは何の服でもシンプルにキマるのがいいですね」。


カフェ店員のMaiさんはサーフィン歴8年目。

「波の上で太陽をたくさん浴びられるのがサーフィンの魅力。白Tはデニムでも何でも合わせやすいベストスタイルです。静波ガールズコンテストは可愛い女の子がたくさんいますね」


「サーフィンもヒップホップのダンスも好き」という女子高生のリサさんと、飲食店店長のカエデさんはサーフショップ仲間。リサさんのお父さんがプロサーファーでその後輩がリサさんという間柄。三重県から車で来たそうです。

「静波はご飯や雑貨などのブースがいろいろあるのが魅力的です」


サーフィン歴10年、美容師のJUNさん。

「サーフィンは生活の一部。無くてはならないものですね。このコンテストはたくさんの女の子たちと知り合いになれて、色々と情報交換できるのがいいですね。自分も頑張ろうと思います」。


サーフィン歴4年目の大石梨花さん、浦野日華子さん、大石歩果さんの仲良し3人娘。

「女の子だけで盛り上がれるコンテストはとても楽しい!」

コンテストの初めから終わりまで、彼女達が波を見つめる真剣な眼差しと純粋な笑顔、家族や友達の声援が聞こえてくるピースな雰囲気。


 ヘインズのボディにビームスがデザインした静波ガールズコンテストのオフィシャルTシャツは、エントリーした全員と縁の下の力持ち的存在の運営スタッフのユニフォームとして、ビーチを彩らせていた。Tシャツのネックや袖をカットオフして自己流にアレンジしたり、丈を結んでおヘソをチラリと覗かせてみたり、カラフルなビキニと合わせたり、自由な着こなしを楽しむガールズ達。

「コンテストが終わった後も愛用してくれて、それがきっかけで地元のサーフコミュニティと繋がったりしているのは嬉しいことですね」と、主催者の野崎さんが話してくれた。

 コンテストの思い出としても、「靜波」という場所を広げるツールとしても役割を果たしてくれる。波とTシャツとガールズ、刹那的な青春の1ページ、今年の夏の終わりを爽やかに締めくくっていた。

(写真 依田純子 / 文 藤岡茜)

LATEST ENTRIES

Townguide connected by T-shirt
Tシャツでつないだタウンガイド
SHIN SUZUKI "T-shirts make a community"
「Tシャツがコミュニティをつくる」鈴木心
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
HanesのヴィンテージTシャツを求めて
You know the Hanes Vintage T-Shirts ?
LAのヴィンテージショップ店主が語るプリントTの変遷
Walking in the Extreme Landscape of Big Sur
アメリカ最西端の絶景を求めて
Magnificent Scenery Inspires Creators
表現者たちを魅了した壮大な自然
2016 SHIZUNAMI GIRLS CONTEST
Tシャツとサーフガールとコミュニティ
How did you select your T-shirt today?
今日のTシャツはどうやって選んだ?
How did you select your T-shirt today?
サンフランシスコ・ベイエリアの魅力
Dune, A Falafel Restaurant
L.A.のアットウォーター・ヴィレッジの人気店Dune
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.の人気ファラフェル店Duneの1日
A Day in a Falafel Restaurant Dune
L.A.のファラフェル店Duneの1日ドキュメント
Remake White T-Shirts
Tシャツをタンクトップにリメイクしよう
Q&A about White T #01
白Tシャツについたら嫌なシミは?
Remake White T-Shirts
Tシャツのネックを切ってリメイクしよう
Q&A about White T #02
白Tシャツの着こなし、クルーネック or Vネック?

母の日にオリジナルTシャツをプレゼントしよう
Remake White T-Shirts
Tシャツを二つ編みでリデザインしよう

LAを拠点とする黒人俳優たちの小劇団 ロビー・シアター・カンパニー

アフリカ系アメリカ人の歴史を舞台で表現する ロビー・シアター・カンパニー
Q&A about White T #03
白Tシャツの着こなし、着古した白Tシャツはどうしてる?
Remake White T-Shirts
Tシャツの袖を切るだけで雰囲気が変わる
Ben Guillory speaks about Robey Theatre Company
L.A.の役者たちが演劇を続ける理由 ロビー・シアター・カンパニー
Remake White T-Shirts
Tシャツの裾を切ってレイヤードを楽しもう
Q&A about White T #04
白Tシャツが似合うカップはどっち?
Remake White T-Shirts
フリンジTシャツで、夏を満喫しよう
FES T-SHIRT
フェスシーズン到来!フェスで自由に着るTシャツルック
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
カリフォルニアの“サンデー・レース”カルチャー
Q&A about White T #05
白Tシャツとの理想的なスタイリングは?
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
ルート66に集結したバイクレーサーたち
ROUTE 66 OLD SCHOOL VINTAGE SCRAMBLE
土ぼこりの中を疾走したヴィンテージバイク
Cutters Studios Los Angeles
サンタモニカのクリエイターたちのワークスタイル
Q&A about White T #06
白Tシャツの着こなし、Tシャツのタックインは?
Cutters Studios Los Angeles
オリジナルTシャツで働くクリエイターたち
Q&A about White T #07
白Tシャツが似合うのは、どっち?
Q&A about White T #08
白Tが似合うのはスケーター? サーファー?
MUSICMAN’S T-SHIRTS TRACK: “テキトーな日本文化の解釈がツボ”
ミュージシャンとTシャツ SANABAGUN.